2017年02月01日

音楽会新年会♫

盛り上がりました♫音楽会新年会♫

ギターの演奏
15940708_940884242677807_2998667022496339615_n.jpg

ピアノ連弾素敵でしたハートたち(複数ハート)
ファイル 2017-02-01 1 57 15.png

ピアノ( ・∀・) イイネ!
15978126_940889172677314_8856081773357595673_n.jpg

ギターとサックスでスピッツの「ロビンソン」
15965839_1074640129314780_1991785265249571192_n.jpg

雅楽の演奏
15966270_940872309345667_8400927142194184766_n.jpg

たまにこんなのも(^_^;)
15940803_940790772687154_5303929032986713756_n.jpg

あらま(^_^;)
16002783_940790776020487_388154640765439202_n.jpg

料理男子の手料理最高でしたわーい(嬉しい顔)焼きしめ鯖
15977282_1209042049192106_5113288195474737193_n.jpg

恋ダンスは萌えキュンでした揺れるハート
15940720_1074640082648118_274893968595117467_n.jpg

食べて飲んで演奏してビール
ファイル 2017-02-01 1 50 17.jpeg

大人20名子供2名のご参加ありがとうございましたカラオケ


人様の相談を受けるには、自分の心が健康でなければいけません
労働者を守る会では、心が健康になる楽しいイベントをやっていますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

次回の音楽会は、7月13日(木)18〜21時 目黒カラオケラウンジKahoo-カフー(今回と同じ会場です)貸切で開催しますカラオケ
会員以外の方もご参加お待ちしておりますわーい(嬉しい顔)

演奏の動画はこちらから見れるよ⇒facebookイベントページ

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽部

2016年12月16日

11月の勉強会は「知って得する人事制度の基礎の基礎」でした

11月の勉強会は、特定社会保険労務士の松村陽一さんによる「知って得する人事制度の基礎の基礎」でした。

ファイル 2016-11-26 23 47 58.jpeg

人事制度とは?一言で言うと・・・

働きやすさの仕組み作りです

そして、会社の目的は経営なので、人事制度は目的ではなく手段です


まずは、中小企業の特徴から勉強しました。
労働相談が多いのは大企業より中小企業です。
なぜでしょう?それは・・・

1大企業は新卒採用で育てながら上に上がっていくのに対して中小企業は中途採用が多いことと、役員が全員親族など、社長の息のかかった人が多いことから
⇒能力評価しにくい

2賃金規定や人事制度がきちんと整っているところが少なく、なんとなく決めているところが多い

3専門家が社内に不在で、本やネットを見て人事制度を作っているので、自社へのアレンジがない

などから、トラブルが起きやすいのですむかっ(怒り)

うんうん(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。)


次に、評価のお話ペン

当会に寄せられるご相談でも「評価が不公平!!」というものが多いです。

人事考課は非常に難しいのです!!
評価に感情が入ると、トラブルを招いてしまうのです(´;ω;`)

人事考課のポイントは、
1公平
好き嫌い、合う合わないは置いておいてくださいヽ(;▽;)ノ
2公正
ルール通りにやることです
3絶対
相対評価の逆です。できているかできていないかを基準に照らし合わせて評価しないといけません

これらのポイントを守って不公平なく評価するためには、
人事考課の担当者は訓練をやらないとだめです!!

ファイル 2016-11-26 23 47 14.jpeg

人事制度を取り入れて、自社に合ったアレンジをして、公正な評価をすると・・・

その人の欠点が見えてくる、その人ができない部分が見えてくる⇒育成する部分が明確になる⇒業務がスムーズになる、配置転換(適材適所)⇒賃金が明確になるぴかぴか(新しい)

ただし、取り入れたからといってすぐに変化するわけではありません(´;ω;`)
3〜4年計画で見ていきましょう(^-^)


小学生なら、1年生で足し算引き算をやって、2年生で掛け算、3年生で割り算・・・と決められていますね。
会社も同じです(^-^)
1年目でこれができるようになって、2年目であれができるようになって、3年目で・・・というように、基準と、何年でこれができるようになって欲しいという目標がないといけないのです手(パー)


会社も個人も成長するには目標があること
個人の目標は会社が目標をもっていることが前提

↑すごく頷きました

松村さん、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


【おしらせ】
1月28日(土)13〜16時の勉強会は、
「知っておきたい難病患者の困りごと」〜難病当事者が語る〜
講師 浅川透さん(難病慢性疾患乗り越えネット代表、『難病患者の教科書』著者)


浅川さんが実体験、相談事例を交えてお話します。 
・病気が分かってからの困りごと(病気が分かった時の苦悩、周囲への対応、退院から社会復帰まで、結婚について)
・経験して分かった難病に対する誤解
・知ってるようで知らない、患者が使える相談機関
・知らないと気づけない?難病当事者と周囲との認識のずれ

難病=働けない ではなく、難病を持ちながら働ける職場にするにはどのようにすればよいかを考えていきましょうわーい(嬉しい顔)

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2016年11月22日

10月の勉強会は「はたらきやすい職場」

10月の勉強会のテーマは「はたらきやすい職場」でした。
過労死、長時間労働、パワハラなどの暗いニュースが続いていますが、守る会では、

はたらきやすい素敵な職場もあるんだよ

どんな工夫をしているのかな?
社長さんの人柄は?
真似できるかな?

という前向きな話し合いをしてみました(^-^)

話題に上がったのは、ネットのニュースで見つけた「株式会社パプアニューギニア海産

こちらは、パートさんが連絡なしに遅刻、欠勤、早退できる自由な職場ぴかぴか(新しい)
さらに、好きな作業、嫌いな作業をひとりひとりにアンケートをとって聞き、嫌いな作業をやらなずに済むようにしたところ、作業効率もアップしたとかわーい(嬉しい顔)

ネットに情報がたくさん出ているから会社名で検索してみてね(^-^)

そこから、はたらきやすい職場(会社)の特徴をみんなで話し合ってみました。

・社長(上司)が元気
・社長(上司)の人柄がよい
・社長(上司)が従業員を信用していて任せられる
・社長(上司)が尊敬されている
・社長(上司)ダメ出しばかりしない

という社長や上司によるね(^_^;)という意見が多かったですね。

・・・ということは、社長や上司の考え方が変わらないと会社は変わらないということかがく〜(落胆した顔)


はたらきやすい職場をどんどん紹介して、真似する会社や社長、上司が出てくるといいなと思って、


労働者を守る会では、素敵な職場、はたらきやすい職場をどんどん紹介していきたいと思いますので、情報お待ちしております。
見事、はたらきやすい職場賞に選ばれた職場はブログで紹介させていただきます⇒こちら

IMG_6161.PNG

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2016年10月31日

2016年2回目の地方勉強会は広島でした

9月10日、広島にて勉強会を開催しました。
テーマは「治療と就労の両立」です。

広島県立大学の木谷宏教授と、中国労災病院リハビリテーション科の豊田章宏部長よりご講話いただきました。

1.jpg

「怪我も病気もせず休まず長時間働いても壊れない人が優秀」
そろそろこのような考えを変える時期がきているのではないでしょうか。

人は誰でも病気になる可能性があるのに、病気になるのは自己管理がなっていないと言う上司・・・
病気になるのは自己責任、病気になったらアウトという会社・・・

本人の能力を無視して、病気になったということだけで退職を迫られたり、降格させられたり、仕事を奪われたり・・・

このような上司や会社を変えるにはどうしたらよいのでしょう?

上司も自分や家族が病気になって初めて治療と就労の両立が必要なことだと気づいた例があります。

患者さんが必要とするものを製造したり販売している会社は理解があるという声も。



・制度の構築
・専門家の連携、情報交換
・社内の意識を変えること
・相談できる機関があることを知ってもらう


このような意見交換で盛り上がりました。


まずは、病気で働けないから辞めなければいけないではなく、
専門家に相談してください。

無題.jpg

こちらガイドラインをもっと広めなければいけないですし、好事例は特に広めていきたいです。
こちらからダウンロードできます)※厚労省のHPにリンクしています

そして真面目な議論の後は瀬戸内海の美味しいお魚をいただきました
9.jpg

広島カープがセ・リーグ優勝した瞬間も地元広島で見れました
10.jpg


木谷先生、豊田先生、ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました(^-^)

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2016年10月10日

だいぶ経っちゃったけど、8月の勉強会のご報告です

前回の7月の勉強会のご報告に続き、だいぶ遅れてのご報告になってしまいました(;´д`)

8月の勉強会のテーマは「パワハラの相談があったら」

今回はセミナー形式ではなく、座談会形式で行いました。
当会への相談もパワハラが一番多いので、今回改めて相談の回答や解決方法をみんなで話し合いました。

元パワハラ加害者で更生された方からも大変貴重なお話を事前に伺えましたので、加害者心理というものも考えてみたり。

パワハラの問題の一番難しいところは、
法律で白黒つけられない点
だと思います。

殴る蹴るでしたら証拠もありますが、無視、暴言、人格否定というのは、加害者と被害者の感覚が大きく乖離しているため、「無視じゃない、暴言じゃない、人格否定していない」「いや、無視された、暴言だ、人格否定された」で解決が難しいのです。
ですから、パワハラで損害賠償とか精神的苦痛の慰謝料というのは非常に難しく、裁判でも労働者側が負けているケースがたくさんあります。報道されていないから知られていないけどね。

厚労省が出している「職場のパワーハラスメント 6つの類型」は労使ともに知っておいたほうがよいです。
2016.8守る会勉強会「パワハラ」.jpg

こちらからも確認できます↓
職場のいじめ・嫌がらせ問題の予防・解決に向けたポータルサイト「あかるい職場応援団」


11月の勉強会のお知らせです。


2016年11月26日 13:00〜16:00 桜丘セミナールーム

テーマは、「知って得する人事制度の基礎の基礎」」講師 松村陽一(特定社会保険労務士 松村労務管理事務所代表)

・人事から見た中小企業の特色
・人事考課は難しい
・中学生にも解る7つの人事制度

全員簡単に自己紹介→セミナー→質問コーナー→意見交換と事例研究

という流れです。

会員の方は無料、会員以外の方は参加費2,000円です。終了後の懇親会は近くのテング酒場を予定しています。2,500円程度になると思います。

フェイスブックの参加ボタンを押していただくか(こちら)、労働者を守る会のホームページからお申し込みください(こちら)。 

1月14日13時〜新春大音楽祭(新年会)のお申し込みも受付中です(会員以外の方もお待ちしております) 
詳細はこちら

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会