2020年01月22日

1月の大阪相談会

月に一度の大阪会は、1月18日、最後のセンター試験が行われているなか開催されました。
会場は恒例になりつつある、大阪市立阿倍野市民学習センターです。

この日は2件の労働相談がありました。

法律的な知識からのアドバイスは大切です。

でもまずは、相談者の方がどうしたいのかという気持ちをお聞きすることがとても大切だと思います。

正しい知識や対応は、時として相談者の方をより深く傷つけてしまうこともあります。

だから、気持ちに寄り添いながら対応していくことを常に忘れてはならないと感じます。

労働者を守る会の相談員は、他の仕事を持ちながら社労士をしている人、まったく別のお仕事をしている人など経験もバックグラウンドも様々です。けれど、悩みを抱えている方の力になりたいという気持ちで、集まっている人ばかりです。

すべては解決できないかもしれません。

でも、今よりほんの少しでも状況を改善できるように、情報や解決策をお伝えできるかもしれません。

月に一度の開催とはなりますが、もしお悩みがありましたら、無料相談会へお越し下さい。

IMG_1718.jpeg


相談会のあとは、ディープな路地裏にあるお店で、一杯…♪

IMG_1719.jpeg

真剣に楽しんでいますぴかぴか(新しい)(笑)

記事担当は松本でした。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働相談会

2019年12月30日

12月の東京勉強会「元裁判官と弁護士が伝える パワハラ事件の基礎と裁判官の心証〜嘘を見抜く技術」

今年最後の勉強会は、弁護士さんと元裁判官にお話していただきました。
裁判のお仕事をしているからこそなのか、ケンカは嫌いという平和主義のお二人。
トラブルの解決をしている人は、日々見ているだけあって紛争は嫌いな平和主義の方が多いですね。

弁護士さんからはパワハラ防止のお話を。
パワハラ防止は意識の向上よりも、コミュニケーションです!!

弁護士さんが実践しているコミュニケーションセミナーを我々も体験。
あらま、初対面の人でも仲良くなれちゃうし、自然に笑顔がわーい(嬉しい顔)

同じ働くなら、笑顔の多い職場がいいですよね。



元裁判官からは、嘘の見抜き方のお話を。

原告、被告のどちらか、もしくは両方が嘘をついている裁判。
嘘であることをどう突き詰めていくかの手法を体験しました。
刑事ドラマみたいでしたわーい(嬉しい顔)

ちょっと硬いテーマでしたが、楽しく体験しながら勉強になりました。

こちらは懇親会の写真ですビール
IMG_3237.JPG

労働者を守る会立ち上げから7年目の今年、19都道府県に会員数78名。
来年はもっといろいろな地方で活動できればなと思います。
今年一年お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

記事担当は須田でした。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2019年12月17日

12月の大阪勉強会「介護のいろいろ座談会〜認知症、親の介護から高齢者の恋愛事情まで〜」

なぜか今回も和室で開催。
IMG_3092.JPG

介護施設でおばあちゃんにメイクをして写真撮影をするお仕事をしている山田真由美さんにお越しいただき、ゆるりと座談会を開催喫茶店



おばあちゃんにメイクをしたら、息子さんから「今日は母が主役になれました」と感謝されたというお話はウルっときました(;_:)
いつも母は家事や子育てを裏方でがんばってきた。
今日、メイクをしてもらって母は主役でした。
素敵なお仕事です。



素敵なお写真の紹介も。
メイクをしてもらって照れながらも手鏡の中の自分の顔を見ている女性、とても可愛らしかったですわーい(嬉しい顔)



そして、意外にもメイクは認知症予防にもとてもよいとか。
メイクは手順があり、手先を使う作業。
なるほど〜

老人ホーム内での恋愛話も盛り上がりましたハートたち(複数ハート)
人間何歳になっても恋愛をすることでイキイキできるのです黒ハート
モテるおばあちゃんの取り合いの話なども(;^_^A

そして、良いホームの見分け方のお話は、大事なポイントがいくつも!
スタッフの入れ替わりが激しい(離職率高い)ところはあまりよくないですね・・・
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
施設介護がいいか自宅介護がいいかという話も真面目に討論。

IMG_3091.jpg

何枚か見せていただいたビフォーアフターの写真は「おおおお!」というどよめきが。
メイクをしてきれいになるのはもちろんですが、表情もとても明るくなって楽しそうなんです。
ご家族も嬉しそうわーい(嬉しい顔)

素敵なお仕事だなあと思いました。

勉強会終了後の懇親会は予約をせずにお店に飛び込みで行ったら、そうか、忘年会シーズンでしたふらふらどこも予約でいっぱいふらふら
IMG_3187.JPG

夕日のきれいなこちらのお店が見つかり、引き続きお話も盛り上がりました。
IMG_3093.jpg

今年の勉強会は、3月の「孤独死」、今回の「高齢者へのメイクと写真」、生きる、老いる、そんなことを考えるきっかけになりました。

記事担当は須田でした。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2019年12月05日

11月の東京勉強会「労働紛争の現場から〜あっせん・審判最新情報」

特定社会保険労務士の長山浩之さんに、あっせんについてお話ししていただきました。
満員御礼!!
IMG_2912.jpg

特定社会保険労務士の研修を受けていても、実務に携わっていないとなかなか現場を知る機会がないのが実情。
労働問題に日々携わっている長山さんのお話はとても興味深く、Zoom中継で地方の会員も視聴しました。
質問にもたくさん答えていただきました。

労働者を守る会では、「裁判傍聴チーム」をつくり、あっせんや労働審判、裁判、団体交渉の現場を体験しています。
教科書だけではわからない現場の雰囲気を体験できてありがたいです。

さて、明後日12月7日は大阪勉強会。
昨年12月から定期的に開催をはじめてまる一年。
関西方面の会員も増えて盛り上がっています。
会員には東京も大阪もZoom中継しようと思っていますので、移動中でもスマホで視聴してくださいTV

記事担当は須田でした。もう師走ですね・・・

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2019年11月25日

11月の大阪勉強会「請求額どう決める?相場は?」

11月の大阪勉強会はまたまた和室で和やかに。
内容は「請求額」というシビアなものなのに・・・(;'∀')
いや、内容がシビアなだけに、和菓子やチョコレートを食べながら和やかな雰囲気で開催。
IMG_2845.JPG

今回はあっせんでの請求額をどうするかという話の予定でしたが、
・代理人をつけずにビックリするような金額を請求してきた労働者とどう和解するか
・ビックリするような額を請求した後で代理人の依頼があったらどう説得するか
という話が中心になりました。

そうなんですexclamation×2
あっせんでの請求額は法的根拠など記載しなくても、「あなたが思った金額を書いてくれればいいですよ」と労基署や労働局で言われたりしているようで、それはそれはすさまじい金額が書かれていることがあるんです(*_*)

なぜだろう・・・

参加者の1名が、「そこにはほかの思いがあるんじゃないですかね。悔しかったとか、こうしてほしかったとか」

おおおおおおお!なるほど!

それならいきなり法的な話でガチンコ勝負するのではなく、

気持ちを傾聴するってことが必要なんじゃないかな


ということでみなさん(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪

労働問題って気持ちの問題ということが多いんですよね。
その気持ちをお金に換えたとしても、いくら高くてもすっきりするものじゃないから、
ごめんねをお金に換える前に、ごめんねって言うことですよね。

その事実があったかなかったかは証拠がないからわからないという場合でも、
そういう気持ちにさせちゃってごめんねって言うことでいい解決ができたケースもあるなんて話も黒ハート




終了後はこんなディープな通りのお店で懇親会ビール
IMG_2844.JPG

IMG_2843.JPG

記事担当は須田でした。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会