2019年10月07日

9月の東京勉強会「心が疲れている人へのアプローチ方法」

9月の東京勉強会「心が疲れている人へのアプローチ方法」で元警察官の内藤佑さんにお話し頂きました(内藤さんのホームページはこちら)。
IMG_2321.JPG
11才のときに、水難事故の子を助けようとしたご尊父を海で亡くした事がきっかけで、人助けができる仕事に就きたいと警察官に。
7年間の奉職の後、20代で非行少年の更正を助けるカウンセラーとして独立されて今に至ります。

警察官時代は、休みの日にも街に出て子らと交わったそうです。
しかし、毎年の異動で子らに向き合う事が出来ないと、独立。

IMG_2320.JPG

ご自身の名前の漢字「佑」は「人の右に立って人を助けるのだから、自分自身が中心でしっかり立てる事が大事。自分を保てるようになって初めて人を支える事が出来る」

IMG_2319.JPG

「全員に好かれようとしてもダメ」と自身の有り様を語られたり、バーチャルを生きる現代の若者など世相を語ったりと、話題は多岐に渡り、その度に色々驚き、見聞を広められた学習会でした。

今後は更に講演会を増やされるそうですので、いろんな場所で内藤さんのお話を拝聴出来る機会ができるかもしれません。どうか無理をなさらず益々のご活躍をお祈りしています。

記事担当はA.Aでした。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2019年09月26日

9月の大阪勉強会「ユニオン執行委員を経験して分かったこれからの社会保険労務士の可能性」〜質問形式

こんにちは、村上達志です。
大阪勉強会、初めて参加しました〜
大阪さいこ〜でした!

IMG_2217.jpg

前日の社労士会自主勉強会で発表したテーマと同じ労使問題ではありましたが、守る会の勉強会では、参加者のディスカッションを主に進めました。

IMG_2216.jpg

私の自己紹介で盛り上がったのは、なぜか「別居問題」で、鋭い質問が飛び交っていました。困り

その他では、やはりユニオンの仕組みに関する質問が多かったですね。
その中で私の参考になったのは、「ユニオンを利用することで、その後の就職活動に不利になることはないか?」という質問でした。
これはこれまで考えたことはありませんでした。
しかし実際には、「私は前職を辞める時にユニオン使って会社を訴えました」と面接で言ったらショッキング、落ちる確率高いですよね?

そこで考えました。
あおぞらユニオンは、相手と闘わないユニオンなので、採用面接で話しても「あ〜あおぞらユニオンを利用したってことは、君もwin-winの姿勢なんだね。合格!」と言われるのを目標にします。勝ち誇り
元々、会社に恨みを持たない依頼者でも気軽に利用して欲しいと思っていたので、それにも通じる話しでした。

懇親会も大阪ぽくて楽しかったです!

IMG_2218.jpg

そこで村上1対その他8という図式になった場面がありました。
須田さん主催の「女は怖いよ」からかう(あっかんべえ)事件から派生したものです。
この時は未解決で終わったのですが、東京に戻ってから劇的な解決案を思い付きました。
10月の勉強会で事例とともに発表します。

では、10月の勉強会でお会い出来ることを楽しみにしています!

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2019年09月02日

8月の大阪勉強会「法律相談ではない労働相談の対応方法」

8月最終日の31日は、大阪で月イチの勉強会の日でした。
今回のテーマは「法律相談ではない労働相談の対応方法」。
参加者6名で(今回はちょっと少なめの参加でした)事例や普段のお仕事でのできごとを出し合いながらお話ししました。

IMG_1999.JPG

法律では解決できなかったり、裁判をやっても負けることが目に見えているような案件の場合、どのようにお返事するかはケースバイケースですが、
・はっきり「裁判をやっても負けます」と伝えることも大事
・でも、それで突き放すのではなく「いろいろ調べた結果」「役所に聞いてみたけど」など、理由や努力した結果も伝える
・聴くことが大事

相談者の方は、和解金(解決金)が目的ではなく、「謝ってほしい」という気持ちがとても大きいもの。
過去に相手が謝ったケースなども紹介しました。

話はいろいろ広がり、盛り上がって、障害年金の仕事や各都道府県の社労士会の委員の活動なども。
開業セミナー行った?必要?という話までわーい(嬉しい顔)
今年の社労士試験の話などもペン

終了後はいつものビール北の家族にて懇親会ビール

次回の大阪勉強会は、9月21日(土)13〜16時 大阪市立総合生涯学習センター(阿倍野)なんとexclamation×2和室での開催です日本茶

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2019年08月06日

7月の大阪勉強会「労働審判事例研究」

7月の大阪勉強会は7月20日(土)阿倍野区にある大阪市立阿倍野市民学習センターで行われました。

まずはいつものメンバーや初めて参加された方々と和やかに談笑しながら自己紹介。
当会には社労士などの有資格者以外で、全く別のお仕事をされている方々が沢山いらっしゃいます。
職場に関わる様々な問題の解決には、労働社会保険諸法令の知識も大切ですが、普段のお仕事や人間関係から得た経験や知識も同様に大切だと思います。
その方からすると普段のなにげない経験談が、他の方にとってはとても参考になることが少なくありませんので、ご興味のある方は是非ご参加下さい。

この日は、労働相談が2件ありました。参加メンバーみんなと相談者の方とで、穏やかに話しながら対応させて頂きました。

IMG_1375.jpg

そして勉強会のテーマは「労働審判事例研究」でした。
実際の事例を通して労働審判制度の概要とあっせんとの違いについて勉強しました。
あっせんとの大きな違いは、あっせんは相手側が出席を拒否することができ、話し合いがまとまらなくても終了するという、ある意味自由度が高いものであることに対して、労働審判は正当な理由なく出席をしないと過料として金銭の支払いを命じられることがあり、話し合いがまとまらなくても労働審判が下されるというように、強制力がある所だと思います。
相談者がどの様な解決を目指すかによって、あっせんと労働審判を選択できるようにすることが良いのかなと思いました。

勉強会の後は、4月の勉強会で見つけた景色の良い居酒屋さんで乾杯です。

IMG_1377.jpg

お酒が好きな方もそうでない方も勉強会から更に打ち解けて、普段思っていることを気軽に話せる良い雰囲気でした。

大阪勉強会は、月一定期で開催しています。
次回の大阪勉強会は、8月31日(土)13時〜16時 会場は大阪市立阿倍野市民学習センター。
テーマは「法律相談ではない労働相談の対応方法」です。

記事担当は野村でした。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2019年07月16日

7月の東京勉強会「訴訟のメリット・デメリット」

7月の勉強会のテーマは元裁判官にお越しいただき「訴訟のメリット・デメリット」についてみんなで考えました。

いろいろな意見があってよいし、答えはないもの。
闘うことで区切りをつけられる人もいれば、闘うことでどんどん辛くなる人もいるでしょう。

参加者25名で4人のグループを作り、たくさんの意見を交わしました。
過去に自分が依頼を受けた事件についての感想、自分自身の労働トラブルの経験、今の職場環境など、意見交換は大変勉強になりました。

xlarge_3a5f3669-3c6e-4150-b17a-e2332f1e52c0.jpg

勉強会後の懇親会も16名でとても盛り上がりましたビール

8月の勉強会は、
東京⇒8月17日(土)13〜15時 令和だヨ!全員集合 労働者を守る会音楽祭カラオケ会場は目黒カフーです ※勉強会じゃないね、音楽祭だわーい(嬉しい顔)
大阪⇒8月31日(土)13〜16時 大阪市立総合生涯学習センター(阿倍野)第3会議室にてペン

会員の皆様も、会員じゃない皆様もお気軽にどうぞ〜わーい(嬉しい顔)

記事担当は須田でした目

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会