2018年05月08日

4月の勉強会は大分別府で開催しました

大分で勉強会を開催しました。
年に2回を目標に地方開催しています。会員がいる地域で、みんなが行きたいところ、つまり、グルメと観光を楽しめるところヾ(@⌒ー⌒@)ノ
ということで、今回は別府いい気分(温泉)

えーと、勉強会の写真を撮り忘れました・・・(ーー;)
懇親会の写真も撮り忘れました・・・(ーー;)

なので、別府駅前の写真を・・・
IMG_3604.JPG

会員、非会員を含めまして、大分からの参加者2名、長崎1名、京都2名、関東から5名の計10名で最近の労働問題について座談会形式で情報交換や意見交換をしました。
開業社労士、勤務社労士、大学講師、労働組合、会社員、公務員など立場も年齢も違う人たちがフリートークできる場はなかなかないので貴重です。←これ、うちの会のウリですぴかぴか(新しい)
そしていつも盛り上がりますわーい(嬉しい顔)
意見を言いやすいのも当会のウリわーい(嬉しい顔)

資格の有無も経験も問いませんので、お気軽に参加してみてください(^ω^)

トークの内容は、今どきの労働事情から経営の話まで多岐にわたり、あっという間に3時間経過時計

2時間ほど休憩を挟んで(この間は自由行動なので観光したりご飯食べたり)、懇親会の中華料理やさんへビール
勉強会とはまた違ったフリートークで盛り上がりましたビール

帰り道に見た別府タワーが綺麗でした
img_3603.jpg

翌日はそれぞれ自由行動で(基本的に現地集合現地解散な当会メンバーたらーっ(汗)
温泉に入ったり、友達に会ったり、ドライブしたり、みなさんそれぞれ楽しんだようですわーい(嬉しい顔)

参加者のみなさんありがとうございましたexclamation×2
またお会いしましょう手(パー)

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2018年02月25日

勉強会「看護師さんに聞いてみよう!医療関係者視点から見た治療と就労の両立」

医療関係でお仕事をされている人以外は普段あまり医療関係者と関わりがないです。
そこで今回は看護師さんをお招きして、医療のお話をしていただきました。
主に糖尿病のお話。

27336857_1265384356894459_1338010027576094838_n.jpg

お話をお聞きした率直な感想は、

糖尿病怖い、これから食生活気をつけ続けます(+。+)

1型、2型、その他、妊娠糖尿病などいろいろあり、その中でも生活習慣が原因と思われる2型が日本人の患者の95%。
ひどくなると透析しなければいけないのは知られていますが、

1日4時間、週3回通わなければならず

今までどおりの業務ができない、出張ができない、退職に追いやられたといった声もあるそう。

さらに糖尿病は生活習慣病であるが故に、

自己責任⇒職場の理解がない⇒治療しにくい⇒治療をやめてしまう⇒気づいたら末期

が他の病気に比べてとても多いそう。

そして末期になってしまったら腎移植をする以外にもう治ることはありません。
「もう透析しなくていいですよ」はないのです。

出張先でも透析をしないと死んでしまうので、自分で透析病院を探さなければならず、紹介状を書いてもらって出張中に受け入れてもらえるか交渉しなければいけません。大変・・・


病気の正しい知識を身につけて予防することが大事ですが、なかなか普段の生活でそのような機会はないので、
職場の会議や朝礼で月1「今月はこの病気をテーマに」と決めて専門家にお話していただくという場があるといいのではないかなと思います(そのような職場、実際にありました)。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2018年01月30日

勉強会「日本で働く外国人に何でも聞いてみよう!」

1月の勉強会は銀座のセミナールームで「日本で働く外国人に何でも聞いてみよう!」というテーマで開催しました。
ベトナム人のエミちゃん(本名 グェン チャック フアン さん)をお招きし、座談会形式でアットホームに質問大会ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

エミちゃんは現在、社労士法人にお勤めということもあり、社会保険や労働については詳しいので話も弾みましたわーい(嬉しい顔)

ゆる〜くベトナムの食べ物の話から、日本で働く外国人の深刻な労働問題などたくさん質問にこたえていただきました。

25152036_1537981669612395_1631338083894984327_n.jpg
バイク多すぎ(^_^;)3人4人乗りもするらしい(^_^;)

「日本に来て困ったことは?」
「最初山梨にいたので、寒さが本当に辛かったです。ベトナムは年中35℃以上ある日本の真夏なので」

「ベトナムと違うなあと感じた文化は?」
「日本では横断歩道を渡らないと車にひかれて死ぬということです(^_^;)ベトナムは車がとまってくれるので(^_^;)」

「ベトナム料理って辛いけど子供も辛いの大丈夫なの?」
「学校のおやつの時間に辛いのが出てそれが人気だから子供も辛いの食べますね」

など文化の話も盛り上がりました。
(生卵を食べるのは日本だけらしい・・・新月

そして、深刻な労働問題のお話は大変勉強になりました。

日本に来るのに国でたくさん借金をしているんです、飛行機代とか。
そして日本に来て日本語学校の学費もとても高い。日本は食事も家賃もとても高いので、たくさん働かないと払えないし借金も返せないんです。
留学生はビザの関係で労働時間に制限があるけど、そんな労働時間じゃ借金は返せません。
でもオーバーすると就労ビザが得られない(審査でチェックが入る)。
それでベトナムに帰ると、ベトナムで働いても賃金が安いから借金が返せない。
東京は家賃が高くて、狭い部屋に二段ベッドを置いて8人で生活して家賃が3万円とか。
劣悪な労働環境でベトナムに帰ってしまう人もいるけど、借金を返すためにはどんな環境でも仕事を辞められないし相談もできない人も多いんです。

なるほど・・・

高い学費を支払って日本語学校を卒業すると、今度また別の専門学校を勧められたりもするらしいです。
資格のひよこ食いと似ているなあ・・・

悪い団体や違法なことをしている集団もあるけれど、それに引っかからないようにするには正確な情報を自分で得ること。
また、目的なく日本に来るのではなく、どこでも通用するようなスキルを身につけるために来るというきちんとした目的を持たないといけないということ。

まだ20代で若いのにしっかりしています!!

「言葉の壁や、行ったことのない国に行くことに不安はなかったの?」
「不安より、知りたい見てみたいという気持ちの方が大きかったです。言葉は、まあなんとかなります、毎日日本人とたくさんお話して1年くらいで大丈夫になりました」

一歩踏み出せない人に聞かせたい!

日本人はマナーをとても重視しますね。相手に失礼にならないかということをすごく考える。ベトナムは先にあまり考えず、失礼なことをしてしまったら謝る。それでまた仲良くなる。それがとても大きな違いだと思います。あまり気にしない国民性かな(´∀`)

とっても前向きでしっかりしていて明るいエミちゃんに元気をもらいました、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2018年01月03日

会社面談に同席するという仕事

12月の勉強会のテーマは「会社面談に同席するという仕事」

講師は私、代表の須田がやらせてもらいました。

面談に同席するには何の資格も要りません。
交渉ではなく同席ですから、非弁行為にもなりません。
ホントにただ隣に座っているだけです。
非弁行為になるし喋ってはいけないからといってずっと黙っているということもありません。
聞かれたら話しますし、会話に入ることもあります。
ただ、積極的に解決に導くような話や交渉はしません。

付き添ってくれる人がいると安心しますよね(^_^)
それだけのお仕事です。

レジュメの一部です
img059.jpg

私は社会保険労務士の資格と産業カウンセラーの資格を持っていますが、面談に同席したときはあまり法律の話もしませんから、社会保険労務士というよりカウンセラーとしてのお仕事だと思っています。

同席するまでの流れです。

第三者が同席することはご本人から会社に伝えてもらいます(伝え方もアドバイスいたします)。
ちなみに私は同席することを拒否されたことはありません。むしろ会社からもウェルカムです。
同席する当日は30分から1時間前にご本人と喫茶店などで打ち合わせをしてから行きます。
会社についたら、会社の方に名刺を出してきちんとご挨拶(当たり前です)。
笑顔でね(^_^)
あとはケースバイケースですが、ご本人がうまく言えなかった時や誤解を招くような伝え方をしてしまった時にフォローします。
終わったあとは、また喫茶店もしくは帰りの電車でフォローします。

この面談に同席する仕事は、就労支援の場でも必要で全国の労災病院が両立支援コーディネーターの育成に力を入れています。

締切は過ぎましたが、まだお申し込み可能とのことです
26168856_1553630861380809_130199638488295510_n.jpg

25994982_1553630961380799_4921635881769820286_n.jpg

社労士やカウンセラーの資格を持っている方は是非、付き添いや同席のお仕事をしてほしいなと思います。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会

2017年11月02日

就労支援・相談業務をしている方の情報交換会&異業種交流会を開催しました

10月28日、渋谷にて「就労支援・相談業務をしている方の情報交換会&異業種交流会」を開催しました。
ご参加19人で盛り上がりました(´∀`)
社会保険労務士、司法書士、行政書士、精神科医、看護師、作業療法士、行政の方、患者会代表の方、会社員、企業の人事の方、労働組合の方、こんなに異業種が集まって一つのテーマでお話することも滅多にないので、とても貴重な3時間でした(そのあとの懇親会もビール

まずは順番に自己紹介わーい(嬉しい顔)

そして、普段なかなかできない質問をざっくばらんに(^-^)

「社労士ってどんなお仕事をしているんですか」
「理学療法士と作業療法士の違いは」
「患者会ってどんな活動をしているんですか」
「社労士の就労支援の活動、県によっても違うみたいですが」

まずは、お互いを理解し合うところからね揺れるハート

そこでわかったことは、

お互いを知らなすぎる!!

というか、

聞いてもいいんですか・・・なんか聞きにくい・・・

でもみなさん、

何でも聞いてくださいよ〜、職場も見に来て♡

そうか、これからは

気軽に連携しちゃいましょ(^-^)わからないことがあったら聞いてね

という素敵なネットワークができました。

質問大会からそのまま盛り上がって、解決方法アイデアまで一気に3時間が過ぎました。



守る会では今後、

病院や施設などでの相談コーナー設置
病院見学
情報交換会&異業種交流会

を企画していきたいと思います。

ファイル 2017-11-02 8 40 41.jpeg

ファイル 2017-11-02 8 40 08.jpeg

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強会