2014年02月14日

求人票と内容が違う!

「入社したら求人票と内容が全然違うんです!」

こんな相談が多いです。

えーーーーっと、私も経験がありますふらふら
求人票と勤務時間も勤務場所も違ったことが。

ハローワークの紹介だったのにという声も多いです。

私もそうでした。

頭にきたのでハローワークに文句を言いに行きました
いや、相談に行きました(^_^;)

回答は「うちは会社さんから出された求人内容を求職者にご紹介する機関ですので、入社後の違法なことは労基署に行ってください」

がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

縦割り行政・・・

っていうか、出された求人内容に嘘偽りがないかどうかくらい調べてよどんっ(衝撃)

ところが、会社が求人の申し込みをするときに、それが正しいことを証明するための添付書類などは必要ないんですexclamation×2

だから、

実際は月給20万円だけど、ちょっと盛って月給30万円って書いちゃおう(・∀・)
ボーナスもないんだけど、あるって書いたほうが申し込みあるだろうから、年2回って書いちゃおう(・∀・)

って書いてしまっても、その時点ではバレることがないexclamation×2

入社するまで気づかないexclamation×2

ひどい(;´Д`)

自己責任なのかexclamation&question

人生に関わる転職なのにもうやだ〜(悲しい顔)

騙されても自己責任ってひどくないかーもうやだ〜(悲しい顔)

ひどいんだけど、危険防止のためには求人票の内容だけで決めるのは危険なんです。

じゃあどうすればいいか?

ネットや知人からの情報収集も大事なんですexclamation×2

NPO法人労働者を守る会ホームページ
posted by 労働者を守る会 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職・転職活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/87187193
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック