2012年03月29日

波瀾万丈の職業人生の私が意外と元気なわけ

代表の須田です。
ひどい目にあわれている方から相談を受けていますが、私自身も負けず劣らずです(>_<)

まず、新卒で入社した会社は、お給料の一部がボーナスに組み込まれるという、賃金5原則に違反している会社がく〜(落胆した顔)

そのあと何回かの転職で、なぜか無免許で小学校の先生をやることにがく〜(落胆した顔)
事務員として採用されたのに教壇に立っていました・・・
私立だから大丈夫なの?
そこのお局とその弟子らに、保健室に呼び出されて「アンタのハンドクリームは臭いのよ」など変ないいがかりをつけられるなどのイジメにあい、鬱に・・・

逃げるように退職し(免許も持っていないのに教壇に立つことに危険を感じたのもあり)、
日雇派遣でコンタクトのチラシ配り(真冬の長野で雪)。

そしてまたまた転職を繰り返して、ついに念願の社労士事務所勤務ぴかぴか(新しい)
と思ったら、まさかの自分の労災隠しをすることにがく〜(落胆した顔)
役所に行った帰りに交通事故にあったんですふらふら

そこを辞めて働き始めた資格予備校では、
「気に入らないから」という理由で、なんとexclamation×2
過去に遡る解雇(前代未聞のおかしな労務管理です)。

そのあともいろいろと・・・

たくさんありすぎるので、今後小出しにしていきいます(*^_^*)


で、ようやく本日のテーマかわいい
「こんなに波瀾万丈の私がなぜ元気に生きているか?」

それは簡単。

問題が片付いたからでしょ?

まあそれもないわけではありませんが、金銭解決したからって気持ちがスッキリしたわけではないですからねえ。

本当の答えは、

この経験が必要だったと思っているから
です。

今、私がこういう仕事ができているのも、この経験があったからです。
必要な経験だったわけですよ。

経験していなければ、人の痛みがわからないとんでもない奴になっていて、
「人を辞めさせる方法」
なんていうセミナーをやっていたかもしれませんね(笑)。


つまり、辛い経験も、「自分に必要だったんだ」と思うことで、ちょっと楽になれるわけですよわーい(嬉しい顔)

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 13:25| 労働者を守る会とは