2011年10月21日

その整理解雇は必要ですか?

最近整理解雇の相談も増えています。
「経営が厳しいのでやめてほしい」

ある日突然上司に呼ばれてそういわれたらドキドキして思わず「はいわかりました」と言ってしまいがちですが、ちょっと待って手(パー)

その解雇、本当に必要ですか?

整理解雇を行うには、4つの要件が必要です。
1人員整理の必要性。

つまり、本当に人を切らなければならないほど切羽詰まっているのか?
整理解雇と言っておいて採用の面接をしていた会社もあります。矛盾していますよね。

2解雇回避努力義務の履行。

つまり、人を切るなんていう最終手段になる前に、努力をしているかどうかです。
整理解雇と言いながら社員旅行をしていたなんていう会社もあります。これでは努力しているとは言えませんね。

3人選の合理性。

整理解雇のメンバーに入った理由は正当なものですか?
学生だからとか、旦那がいるとか、そんな理由は合理性はありません。
なぜ自分が選ばれたのか尋ねましょう。

4手順の妥当性。

解雇をするということを易々と行ってはいけません。その人の生活や人生がかかっているんです。
それなのに、説明、協議、納得なしに実施されていませんか?
きちんとした手続きがなされていない場合は、解雇は無効となることもあります。


もし、整理解雇と言われた方、上の4要件に該当しているかどうか確認してみましょう。
おかしい!と思われた方は、労働者を守る会にご相談ください。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 10:15| 解雇・退職勧奨