2011年10月12日

トイレ制限!?

※この記事は被害者Aさんの許可を得て書いております。

タイトルにあるように、トイレの回数や時間を制限するというイジメがありました。

様々なイジメの相談を受けていますが、トイレの制限は初めて聞きました!

人間の生理現象を制限するなんて、イジメの中でもかなり悪質です。

そんなイジメが起きていた会社は、日本債権回収株式会社です。


事件の流れは、こうです。

紹介予定派遣から日本債権回収株式会社に直接雇用される際に、試用期間を設定されたAさんは、「おかしいのでは」と会社に対して言ったところ、嫌がらせが始まりました。
契約期間の短縮、異動、トイレ制限、そして、正当な理由のない契約終了を言い渡されました。


紹介予定派遣という制度は、派遣期間が試用期間であるという意味合いがあるので、その後の直接雇用の際に試用期間を設定するというのはおかしな話です。


もっとおかしいのは、それについて意見を述べると嫌がらせが始まり、最終的には解雇(契約終了)された点ですむかっ(怒り)


現在、Aさんは会社に対して団体交渉を行い、雇い止めの撤回および謝罪を求めています。


泣き寝入りせずに闘っているAさんを応援しますパンチ
がんばれパンチ

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 02:35| いじめ・パワハラ