2015年12月21日

高校生からインタビューを受けました

12月11日に西新宿相談ルームにて、湘南学園高等学校の1年生6名のグループからインタビューを受けました。

総合学習の校外フィールドワークとして、「生命の尊厳」について調べているそうです。
「生命の尊厳」を、「人間らしく生きられる社会とはどういう社会か」というテーマから調べているグループだそうです。(学校のホームページの「校長通信」に学習内容など詳しく書かれています

そこで、「人間らしく生きられる社会」や「貧困」を労働問題という方向から調査したいとのことで、学生と交流チームの3名がインタビューを受けました。

「学生と交流チーム」では大学生との座談会やセミナーを開催してきましたが、高校生は今回が初めてです。娘(もしかしたら孫かも!?)という年齢ですね(^_^;)

事前に質問内容をいただいていたので、それにお答えするかたちで、進めていきました。

・労働者を守る会の活動内容
・セクハラ、パワハラ、マタハラについて。どのような相談が多いか
・職場のいじめについて。企業側はどのように対応しているか
・サービス残業や未払賃金についての解決方法
・リストラ、解雇、倒産についての解決方法
・リストラと解雇の違い
・休みが取れないという問題について
・相談件数の地域による違いや、多くなる時期について

大学生であればほとんどの人がアルバイト経験がありますが、高校生なので働く現場を全く経験したことがないので、こちらからも、

・労働問題のニュースはよく見ますか
・労働問題のニュースを見てどう感じますか
・10年後自分はどうなっていると思いますか

など質問させていただきました。

自分が高校生の時と比べるのが申し訳ないほどしっかりされています(^_^;)

毎回、学生さんたちから学ぶことも多い大人たちです(^_^;)

湘南学園高等学校のみなさん、遠いところわざわざお越しいただき、ありがとうございました。

学生と交流チームでは、学生さんとの座談会、インタビュー、イベントなどをこれからも企画しております。
学生さんからのお問い合わせもお待ちしておりますexclamation×2

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生と交流チーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170298136
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック