2015年06月07日

本人尋問

こんにちはexclamation裁判傍聴チームの柏木です。
西日本各地が梅雨入り雨とのこと。じめっとする季節が今年もまたやってきましたね。

さて裁判傍聴チームでは労働問題のみにとらわれることなく定期的に裁判を傍聴しています。
今回は昨年来傍聴を続けている特定秘密保護法違憲訴訟第6回公判を傍聴しに東京地方裁判所に行ってきました。

今回の日程は「本人尋問」のために組まれたものです。
「尋問」というとものものしいかんじですが、この裁判を訴え出た本人にそもそもなぜこの裁判を起こしたのか、ということを質問にこたえる形で言わば意見表明をしてもらう場です。

とは言えそこは裁判ですので思いつくままになんでもかんでも言っていいわけではなく、まして嘘や架空の話をするなど論外です。尋問の前には裁判官も傍聴人も全員起立する中で真実だけを述べるという宣誓をします。

尋問そのものは訴えた側(原告)の弁護士さんが本人に質問する主尋問、訴えられた側(被告)の弁護士さんが本人に質問する反対尋問で進行しますがこの日は反対尋問は行われませんでした。
この本人尋問が終わると結審(双方の主張が出尽くした判決の直前の公判)がぐっと近づきます。
さて、判決はどうなるでしょうか・・・・・。

まったくの余談ですが、この裁判に興味を持たれた比較的有名な現職の国会議員の方も傍聴に来ていました。話しかけてみたかったけど勇気が出なかった小心者のワタクシめでした。おあとがよろしいようで。

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判傍聴チーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138552675
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック