2014年09月18日

裁判傍聴リベンジ

こんにちはわーい(嬉しい顔)裁判傍聴チームの柏木です。朝晩の涼しさに秋の到来を感じますね。みなさんはいかがお過ごしですか。

さて、6月30日にご紹介しました裁判の第2回公判を傍聴してきましたのでご紹介します。

前回は傍聴券交付の抽選があるということを知らなかったばかりにまさかの選外の辛酸をなめた経験から今回は東京地方裁判所のロビーでしっかりと抽選券配布の有無をチェックします手(チョキ)

開廷時刻の20分前に所定の場所に並んだ人に抽選券を配り、締め切り後職員の方がパソコンを使って抽選とのこと。
さっそく並びますダッシュ(走り出すさま)
列の二番目に並んだ傍聴チームのメンバーが抽選券0000002、次の私が0000003と非常にわかりやすい番号順です。
画像に撮って思い出にしようとしたところ「撮影はご遠慮下さいどんっ(衝撃)と職員の方から口頭指導を受けてしまいましたたらーっ(汗)

裁判所では撮影禁止ですexclamation×2

開廷15分前、「無抽選です」との発表があり、全員が抽選券(白い紙)を傍聴券(緑色の紙)に引き換えます。
前回落選者多数だったためか座席数が多い法廷を使うようです。

法廷に移動し時間まで待ちます。
時間ちょうどに裁判官が3名、専用の扉から現れ開廷。

印象的だったのは裁判官の人称が「私ども」だったこと(^_^;)
やー、別にそこは「私たち」くらいでいいのでは(^_^;) 

そんな超なごやかな雰囲気のまま、淡々と進み、いったいなにをはなしているんだろう、と考えはじめたころに、
「それでは次回の日程ですが・・・・」
と裁判長が切り出し、正味15分で終了(;・∀・)

抽選券配布を待っている時間のほうが長かったような(;´∀`)

民事裁判は審理時間短縮のため、双方あらかじめ書類を提出しあっているので単なる観客である傍聴人にはあらかじめ内容を教えてもらっていないかぎりその場で内容を把握することはほぼ不可能と思われます。

【おしらせ】
裁判傍聴チームでは9月30日月曜日10時30分より横浜地方裁判所で行われる労働裁判の傍聴を予定しています。ご興味あります方はコメント、あるいはメールをくだされば詳細をご案内いたします。裁判は必ず平日の日中に行われます。土日に開廷される裁判を傍聴しようとお考えの方がいらっしゃいましたらご注意!


NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判傍聴チーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103709462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック