2015年12月29日

年忘れ大音楽祭盛り上がりました

本年もおかげさまで無事に楽しく仲良く真面目に勉強できました。
2012年4月に数人でほそぼそと活動を始めた労働者を守る会も、今年は全国に会員が60名を超え、ますます盛り上がってきました。
来年はすでにワクワクするような企画が始まっていて、楽しみですexclamation×2

秋には音楽部ができましたるんるん
音楽を通じて楽しく集い、そして社会になにか貢献できればなあ〜という感じで練習を始めたところ、予想以上に熱くなってしまい、このたび忘年会は音楽会という形で開催しましたるんるん

という、堅苦しい挨拶はここまでにし、26日に行われた「年忘れ大音楽祭カラオケ」を写真で見ていきましょーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

最初の1時間は真面目に勉強会・・・という話でしたが、ご覧のとおりギターやベースを抱え、目の前には持ち寄った料理がズラリレストラン
心ここにあらずです(^_^;)
IMGP0967.JPG

IMG_5784.PNG

ということで、勉強会はもういいから早く音楽と食事をexclamation×2という声で予定時刻よりだいぶ早くビールと演奏が始まりましたーo(^o^)o

ブログに音声を添付できないのが残念ふらふら
フェイスブックのページにみなさんの素晴らしい演奏をアップしたのでアカウントお持ちの方は是非⇒こちら

静止画像ですがどうぞるんるん

IMG_5779.JPG

無題.jpg

FullSizeRender.jpg

IMG_5780.JPG

IMG_5777.JPG

IMGP0994.JPG

こんな感じで演奏したい人は勝手に演奏してねというスタンスで・・・
楽器の演奏をしない人ももちろん参加OKですから、食べたい人は食べ、飲みたい人は飲み、しゃべりたい人はしゃべり、遊びたい人は遊んで・・・

自由な雰囲気です(^-^)

子供と戯れる人もサッカー
IMG_5778.JPG

IMG_5786.PNG

基本的に自由というのが当会の特徴でして(^_^;)

行きたい人は二次会へ〜カラオケ

二次会の写真おまけ
IMGP1008.JPG

来年もよろしくお願いしますm(_ _)m

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽部

2015年12月21日

高校生からインタビューを受けました

12月11日に西新宿相談ルームにて、湘南学園高等学校の1年生6名のグループからインタビューを受けました。

総合学習の校外フィールドワークとして、「生命の尊厳」について調べているそうです。
「生命の尊厳」を、「人間らしく生きられる社会とはどういう社会か」というテーマから調べているグループだそうです。(学校のホームページの「校長通信」に学習内容など詳しく書かれています

そこで、「人間らしく生きられる社会」や「貧困」を労働問題という方向から調査したいとのことで、学生と交流チームの3名がインタビューを受けました。

「学生と交流チーム」では大学生との座談会やセミナーを開催してきましたが、高校生は今回が初めてです。娘(もしかしたら孫かも!?)という年齢ですね(^_^;)

事前に質問内容をいただいていたので、それにお答えするかたちで、進めていきました。

・労働者を守る会の活動内容
・セクハラ、パワハラ、マタハラについて。どのような相談が多いか
・職場のいじめについて。企業側はどのように対応しているか
・サービス残業や未払賃金についての解決方法
・リストラ、解雇、倒産についての解決方法
・リストラと解雇の違い
・休みが取れないという問題について
・相談件数の地域による違いや、多くなる時期について

大学生であればほとんどの人がアルバイト経験がありますが、高校生なので働く現場を全く経験したことがないので、こちらからも、

・労働問題のニュースはよく見ますか
・労働問題のニュースを見てどう感じますか
・10年後自分はどうなっていると思いますか

など質問させていただきました。

自分が高校生の時と比べるのが申し訳ないほどしっかりされています(^_^;)

毎回、学生さんたちから学ぶことも多い大人たちです(^_^;)

湘南学園高等学校のみなさん、遠いところわざわざお越しいただき、ありがとうございました。

学生と交流チームでは、学生さんとの座談会、インタビュー、イベントなどをこれからも企画しております。
学生さんからのお問い合わせもお待ちしておりますexclamation×2

NPO法人労働者を守る会ホームページ

労働者を守る会

posted by 労働者を守る会 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生と交流チーム